今時の小学生の運動会では危険なことをさせなくなってきているようです。特に問題となっているのが組体操。運動会のメインイベントは組体操と騎馬戦だと思います。その組体操の花形種目、ピラミッドをしてはいけないという通達が出され、私の子供たちが通う小学校の運動会でも今年からピラミッドはしないことが決定したそうです。私達の時代、何段にも積み上げた人間ピラミッドが笛の音を機に崩れ落ちる。その演技で運動会が終わる1番盛り上がる瞬間でした。確かに膝を擦りむいたり、上のほうの人が落ちかけたりと危ない場面が無いわけではありませんでしたが、何度も繰り返し練習し、本番で演技する努力と緊張感と達成感を味わえる非常に良い経験が出来たと思えるものです。
ピラミッドだけでは無いでしょう。子供たちに危なく無い事とだけさせて無難に過ごさせているだけのように感じます。
危ない事をさせろというわけではないですが、何でもかんでも避けるのでは無く、させる上で大人達が危険を回避できる手段を考えるべきではないでしょうか?
このままでは、子供たちが過保護に育っていくような気がします。保湿に重点をおいてケアするサロンで肌が生まれ変わります